もの忘れ外来

もの忘れ外来

大事な約束、人の名前、物のしまい場所を忘れる・・・。

そんな「もの忘れ」は、もしかしたら「認知症」の始まりかもしれません。

「もの忘れ外来」 もの忘れが気になった方のための外来

軽度な「もの忘れ」は健康な方でも加齢(老化)現象としてみられますが、認知症の始まりである可能性もあります。加齢(老化)が原因なのか、からだの病気が原因なのかを明らかにし、それぞれの方にあった対処方法を考える必要があります。

原因によっては、治療で治るものや、認知症などでも早期診断・早期治療により、少しでも進行を遅らせて有意義な生活を長くおくれるサポートができる可能性があります。もの忘れが気になった方や、ご家族のもの忘れに気づかれた方は、まずはお気軽にもの忘れ外来で診察・ご相談ください。

おもな症状

次の症状に2 つ以上当てはまっていませんか?
  • ものの名前が思い出せない
  • 昨日の出来事が思い出せない
  • 今日の日付や曜日、時間をまちがえることがある
  • 食事をしたことを忘れる
  • お財布などの大事な物を失くすようになった
  • 慣れた道で迷うようになった
上記以外にも、ご家族の方が気づく症状もあります
  • 何度も同じことを言う
  • すぐ前の出来事を忘れる
  • 物がなくなったと頻繁に言う
  • 身だしなみを気にしなくなった
  • 怒りっぽくなった
  • 元気がなくぼんやりしている

診察の手順

もの忘れ外来は完全予約制です。

ご予約の受付時間 平日9:00~16:00
受診日時のご案内、来院日の調整をさせていただきます。

もの忘れ外来
診療日・診療時間

予約時間の10分前にはご来院ください
毎週月曜日(再診)8:30 ~ 15:30
毎週木曜日(新患)13:30 ~ 15:30
  • 患者さまの生活状況の分かる方が同席して頂き、診断及び治療方針等をご相談させて頂きます。
  • 認知症になっても地域で安心して暮らせるよう、介護保険申請や社会資源の活用もご相談させて頂きます。
  • 精神科病棟での入院治療も行っております。
※詳しくは、お電話にてお問い合わせください。
「もの忘れ」が気になる方はお一人で悩まず、お気軽にご相談ください。
PAGE TOP