患者様とご家族様に寄り添う PFC HOSPITAL GROUP

お知らせ

  • 2020.09.29
    名称変更のお知らせ

    このたび医療法人社団清靖会 PFC HOSPITALは9月29日より、PFC HOSPITALとしてスタートする運びとなりました。
    当院は1968年の開業以来、地域社会との関わりを大切にし、明るくて開放的な病院として患者様に寄り添った医療の提供を目指してきました。これからも当院は、開設時の理念を継承し、患者様とそのご家族に寄り添い、医療と福祉を提供してまいります。職員一同、皆様の期待に添うべく医療体制の充実を図り、地域医療の発展により一層努力する所存でございます。
    ※PFCには次の意味が込められております
    P(patient:患者様) F(family:ご家族) C(centered care:中心とした医療と福祉の提供)

  • 2020.05.15
    入院患者さんとご家族、ご関係者様をつなぐオンライン面会を始めました。

    新型コロナウイルス感染症の院内予防対策として、2月下旬より面会をご遠慮頂いており 、 入院患者さん、ご家族におかれましてはご不便をお掛けしております。
    医療法人社団清靖会 PFC HOSPITALでは、このほど、テレビ電話を活用した院内オンライン面会を始めました。
    先日、初めてオンライン面会をなさった入院患者さんとご家族は、オンラインの画面を通して満面の笑みで会話をなさっていて、とても喜んでいらっしゃいました。
    オンライン面会をご希望のご家族やご関係者の方は、ご来院時、受付や地域医療連携室にお申し出ください。

  • 2020.03.12
    新型コロナウイルス対策に伴うご来院の皆様へお願い
  • 2019.12.27
    上谷弘子常務理事 中国国立海南大学客員教授に就任

    医療法人社団清靖会 PFC HOSPITALの上谷弘子常務理事が、このほど、中国国立海南大学の客員教授に就任し、同大学国際教育学部 李小北教授による授与式が執り行われました。海南省は、中国の経済特区として、医療と介護の分野が重要視されています。その状況の中、上谷常務理事が同大学において介護・福祉について講演を行いました。そのような経緯より、留学生の指導・教育の依頼があり、客員教授に就任することになりました。今後、グループ各法人では同大学と連携を図りながら留学生の受け入れ等サポート行っていく予定です。

  • 2019.09.26
    2019年9月3日、第二透析室がオープンしました。
  • 2019.09.26
    9月3日、内外装の改装工事が完了しました。

    改装した病棟の写真です。

  • 2013.12.10
    新型のCT装置(16列マルチライスCT装置)を導入しました。

    この新しいCT装置は空間が広く検査を受ける方への圧迫感が少なく、また、従来に比べてより短い時間で撮影ができ、より低被ばくで検査ができます。

  • 2013.08.01
    新型のオープンMRI装置を導入しました。

    当院では、新型のオープンMRI装置を導入しており、開放的な圧迫感の少ない環境で検査が受けられます。MRI検査の依頼を受け付けております。詳しくは地域医療連携室(TEL 0229-22-1608(代表))までお問い合せください。

  • 2012.09.27
    光トポグラフィー装置を導入しました。

    うつ症状の診断の正確性を高めるため、このたび、光トポグラフィー検査装置を導入致しました。検査の日程や、検査予約のお申込方法などにつきましては、あらためてご案内させて頂きます。

    >>施設のご案内はこちら

  • 2012.06.25
    人工透析室始動

    かねてより準備を進めておりました人工透析室が、他の医療機関より患者さんをお迎えし始動致しました。複数の医療機関からお問合せを頂きお待たせしておりましたが、随時受入が可能になりました。

    地域の患者さんおよびご家族のニーズにお応えできる医療機関として、関係機関や地域の医療機関と連携を図りながら、更により良い医療を提供して参ります。>>詳しくはこちら

院長ごあいさつ

当院では精神疾患のみならず、精神疾患を伴う身体合併症の患者さんにも対応しております。
患者さんの抱える様々な問題を精神面や社会面からもとらえて診療する全人的医療を開設以来実践し、
地域に根ざした「いつでも身近にある病院」を目指しています。

院  内

PAGE TOP